PAGE TOP

遠軽町について
-Engaru Town-

遠軽町

北海道の北東部に位置する遠軽町はその大きさなんと1,332.45平方キロメートル!
北海道内の町では2位を誇る広大な町です。
その大半は山林ではありますが、河川沿いの平地では酪農や農業が盛んに行われています。
遠軽町のシンボルで、町名の由来ともなった「瞰望岩」は断崖絶壁の頂点から見下ろす眺望は言わずもがなですが、「瞰望岩」の麓にある公園も自然が豊かでリスも生息しています。

もう1つのおすすめスポットは、夢一杯のおもちゃと影絵の世界「ちっちゃワ―ルド」です!
世界40カ国の木のおもちゃを集めて展示したコーナーや、実際におもちゃを作ったり、遊んだりできるコーナーがあります。
また、壁一面を利用した世界最大の影絵も展示されています。

遠軽町では、私立幼稚園の入園料の補助や、ひとり親家庭や心身に障がいのある児童生徒を扶養している方への入学援助金の支給など、子育て支援も行っていて、子育て世代に優し待ちです。

また、令和元年12月にオープンした道の駅道の駅「遠軽森のオホーツク」は北海道内で初めてスキー場を併設した「道の駅」です

リゲルファームについて
-Rigel-

「リゲル」の由来は、
オリオン座の左足にあたる青白く輝く一等星からなっています。
いつまでも輝き続ける一等星のリゲルのように、
大きく長きにわたる繁栄と輝く続けることを願って命名しました。

そんなリゲルファームが輝き続ける為に取り組んでいる事の一部をご紹介します。

地域への貢献

地域の雇用拡大の為に、当牧場もしっかり受け皿になっていきます。
地域の農業を持続可能なのもにするため、共存と共栄のためのリーダーシップをとっていきます。

新しい挑戦

地域内での6次産業構造の確立
さらなる情報発信

情報発信によって、酪農や農業の楽しさを広め、消費者が地域の農業の応援団となってくれて、持続可能な農業につながると考えています。

これからも、「地域への貢献」「新しい挑戦」をモットーに愚直に農業・酪農に向き合っていきたいと思います。

オリオン座
牧場外観

会社概要
-Company Profile-

企業名
有限会社リゲルファーム
住所
北海道紋別郡遠軽町生田原安国165-1
電話番号
0158-46-2458
代表取締役
鹿野 憲嗣
役員
2名
従業員
9人
飼養頭数
320頭数 搾乳180頭
設備
パラレルパーラー、フリーストール
牛
自動機械
施設

アクセス
-Access Map-